この記事をシェアする

お店の内部を見てみよう

体験できるシステムがある

求人に、体験入店の有無が記載されているでしょうか。
体験入店があるお店は信頼できると言われているので、良いお店を見極めるチェックポイントになります。
そして気になったお店なら、どんどん体験してください。
体験することでキャバクラの仕事内容だけでなく、キャスト同士の関係性などお店の内部情報がわかります。

キャバクラの仕事自体は自分に向いていても、キャスト同士の関係性が悪かったり、責任者と相性が悪かったりする場合は避けることをおすすめします。
体験入店が終わってからこのお店で働くか聞かれるので、その時までに答えを出してください。
キャストや責任者と相性が良いと、わからないことをすぐ質問できるメリットがあります。

研修期間中に勉強しよう

さらに体験入店だけでなく、採用されてから研修期間がある求人を見つけてください。
研修期間中は先輩キャストが丁寧に仕事を教えてくれますし、すぐそばについてくれます。
ですから間違えそうになっても、大きな失敗に繋がることはありません。
また先輩キャストの接客を間近で見学すると、うまく接客するコツを把握できます。
研修期間がないと、働き方がわからない状態でお客さんと接するようになります。

それでは失敗しても自分でフォローできないので、お客さんに大きな迷惑を掛けるかもしれません。
お客さんが不快に感じるともうお店に来てくれず、結果的にお店の売り上げが低下します。
そうなったら困るので、研修期間中に接客の基本だけでも理解しましょう。